相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

遺言方法の比較

遺言の主な作成方法は「自筆証書」「公正証書」「秘密証書」の三つです。
 
次の比較表を参考に、自分にあった方法で遺言書を作成しましょう。

 
自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
難易度
最も簡単
難しい
やや難しい
書く人
本人
公証人
誰でもよい
費用
かからない
公証役場手数料
(16,000円~)
公証役場手数料(11,000円)
証人
不要
2人以上
2人以上
保管
本人、推定相続人、遺言執行者、友人など
原本は公証役場
正本と謄本は本人、推定相続人、遺言執行者など
本人、推定相続人、遺言執行者、友人など
秘密性
遺言の存在、内容共に秘密にできる
遺言の存在、内容共に秘密にできない
遺言の存在は秘密にできないが、遺言の内容は秘密にできる
紛失、変造の可能性
ある
再発行でき、変造の可能性はない
ある
家裁の検認
必要
不要
必要
メリット
費用がかからない。
いつでも簡単に書けて、作りなおす事も容易にできる。
家庭裁判所での検認が不要。公証人が作成するので、無効や、変造されることはない。
紛失しても謄本を再発行してもらえる。
公証役場に提出するので、作成日が特定できる。
費用があまりかからない。
デメリット
紛失、変造の可能性が高い。
要件を満たしていないと無効になる可能性がある。
家庭裁判所での検認が必要。
費用がかかる。
要件を満たしていないと無効になる可能性がある。
家庭裁判所での検認が必要。

 
それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。
 
遺言として有効な作り方をしなかったために、せっかくの遺言が無効になっては意味がありません。
 
弊社ではトラブル防止の観点から多少の費用がかかるものの「公正証書遺言」をお勧めしています。
 
公正証書遺言の作成には、公証人との事前のやり取りが必要です。
また、準備する書類も多く、証人になっていただく人を探す必要もあります。
 
弊社では遺言者様の意見を第一に考え、
トラブルが生じない最適な遺言書の作成をサポートいたします。