相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

遺言はどうやって書けばいいの?

 
遺言の作成方法については法律に定められています。
ここでは代表的な三つの遺言につき説明します。
 

公正証書遺言

遺言者が公証人役場にて証人二人の立会いのもと、
公証人に遺言内容を口頭で述べ、その内容を公証人が筆記し、公正証書とする遺言が公正証書遺言です。
 
原本は公証人役場に保管されているので、遺言者にとっては安心確実です。
 
また、相続開始後には、家庭裁判所の検認は不要です。
 

自筆証書遺言

遺言者が、遺言する内容の全文、日付、名前を全て自書し、
押印した遺言書を自筆証書遺言と言います。
 
これは必ず「自筆」しなければならず、ワープロ・パソコンで作成することはできません。
 
自筆証書遺言は手軽に作成できますが、相続開始後は家庭裁判所の検認が必要です。
 

秘密証書遺言

遺言の存在は明らかにしても、その内容については秘密にする方法です。
 
遺言の内容を秘密に保管するため、封印した遺言書を証人二人とともに
公証人の面前で、自分の遺言書が入っていることを証明します。
 
しかし、内容については公証人が関与しないため、
要件を満たしていない場合には無効になる可能性もあります。
 
また、相続開始後は家庭裁判所の検認が必要です。