相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

遺言書

被相続人の遺言があった場合、相続財産の分割は、
原則として、その遺言に従います。
 
分割は、被相続人の遺志が最優先されるのです。
 
遺言は、被相続人が亡くなる前に、被相続人自身が行う行為です。
 
それに対して、遺産分割協議は、被相続人が亡くなった後に相続人全員が行う行為です。
 
 
 

 あなたにも必要な遺言書

うちは争うほどの財産もないし、
相続税もかからないので遺言とは無関係・・・、

と思っている方も、すべての方に遺言を書いておくことをお勧めします

 

なぜ、遺言を書いておいた方が良いのでしょうか?

 
それは、遺言により無用の分割トラブルを防ぎ、
スムーズな相続が実現できるからです。
 
遺言を書かなかったために、遺産分割でもめて家族崩壊が起きるような事態は
絶対に避けなければなりません。
 

 

特に遺言を作成した方が良い人とは?

 自分の死後に、遺産トラブルが起こりそうな人
 配偶者だけに財産を残したい方
 子供がいない人
  内縁の夫婦
  独身の方・身寄りのない方
  法定相続分によっては遺産分割が難しい方(財産のほとんどが自宅のみ)
  相続人以外の人に、財産をあげたい方(孫や看病してくれた人に財産をあげたい)
 
 

遺言は作り直せないの? 

遺言の作成後に、気持ちが変わることもあります。

 

また、事情が変わったりして、遺産内容が
変わることもあるでしょう。

 

一度書いた遺言であっても、いつでも取消すことができますし、
書き直すこともできます。
  
 
自分にあった方法で遺言書を作成しておきましょう。  「遺言書の書き方」はこちら