相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

遺留分

相続人のうち配偶者、直系卑属、直系尊属は、
遺言によっても侵すことのできない権利があります。

それが「遺留分」と言われるものです。
 
遺言をする際には、この遺留分に注意が必要です。
 

遺留分の割合

相続人
相続人全体の
遺留分
配偶者の遺留分
他の相続人の遺留分
  配偶者と直系卑属
1/2
1/4=1/2(遺留分割合)×1/2(法定相続分)
1/4=1/2(遺留分割合)×1/2(法定相続分)
  配偶者と直系尊属
1/2
1/3=1/2(遺留分割合)×2/3(法定相続分)
1/6=1/2(遺留分割合)×1/3(法定相続分)
  配偶者と兄弟姉妹
1/2
1/2
なし
  配偶者のみ
1/2
1/2
-
  直系卑属のみ
1/2
-
1/2
  直系尊属のみ
1/3
-
1/3
  兄弟姉妹のみ
なし
-
なし

 

遺留分の減殺請求

 
遺留分は何もしないともらえません。
 
自分の遺留分が侵害された場合には、「遺留分の減殺請求」という手続きが必要です。
 
遺留分の減殺請求権は、相続の開始を知った時から1年以内に請求しないと消滅します。
 
また、相続開始から10年経過した場合も消滅しますので注意しましょう。