相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

相続とは

相続とは、ある人が亡くなったときに、

その人の財産・借金を承継することです。

 
この場合に、
 
亡くなった人を被相続人
 
財産を承継する人を相続人と呼びます。
 
 
誰がどれだけ相続できるかについては、
 
民法という法律で定められています。
 
 
民法で定められた相続人を「法定相続人」、
 
その相続分を「法定相続分」と言います。
 
 
誰がどれだけ相続するかを決めるには、
 
法定相続人の特定と遺言の有無を確認することから始まります。
 
 
そして、遺言の有無によって次のように決められます。
 
遺言がある場合
 
  原則として遺言に従って相続します。
 
遺言がない場合
 
相続人全員で遺産分割協議をする場合
 
遺産分割協議に従って相続します。
 
遺産分割協議をしない場合
 
  法定相続分に従って相続します。