相続 税理士 東京 豊島区 池袋

 

 
 
 
 
 

遺産を分ける

相続人が2人以上いる場合は、遺産を分けることになります。

この遺産分けのことを遺産分割と呼びます。
 
遺産分割は原則的には自由にできます。

仮に遺言書があったとしても相続人全員で協議がまとまれば、
遺言と異なる分割をすることもできます。
 
なお、遺産分割が成立すると、その財産は被相続人の死亡の時にさかのぼって、
各相続人の財産であったものとみなされます。
 

遺産分割の注意点

 
遺産分割は、今だけでなく将来のことも考えてしなければなりません。
 
特に不動産を兄弟で共有することや、
自社の株式を兄弟に分割することはトラブルのもとです。
 
将来の計画も考慮して遺産分割を行いましょう。